明日に向かって今を歩む♪

気軽に立ち寄り、元気になる♪〜日々の積み重ねが明日を作る〜心温まる情報サイト

プロフェッショナル仕事の流儀:話題のピアニスト産科医・荻田和秀とは?ドラマ「コウノドリ」のモデル医師

f:id:taichee00:20160530001433j:plain

「進路を考えた時、何をしていいのかわかりませんでした…」 荻田和秀先生の大学時代の言葉です。

今となっては、漫画化、ドラマ化された「コウノドリ」のモデル産婦人科医として、 また、ジャズピアニストとしても知られる荻田和秀(おぎたかずひで)先生。

業界の最前線で一流人として活躍される方には、大きく分けて2つのパターン、

①「小さい時から一直線に夢に向かって、一流になるプレイヤー」(各々の業界で活躍する人を、躍動感をちょっとでも表現したいため、ここでは「プレイヤー」と記載しています。)と、

②「目の前のことにとにかく夢中になって取り組んでいく内に、やりたいこと(人生の使命)を発見して、その業界の一流になるプレイヤー」がいます...続きを読む